彼氏や結婚相手との距離を縮めるには何処がいいか?

付き合い始めると気になりますよね。

相手が自分の事をどう思っているか知りたいし、相手の好みを知りたいし、相手との心の距離も知りたいし、自然な感情ですよね。

私は、福井(嶺北)では奥越(大野、勝山)が最適だと思います。

各地とも特色はありますが、四季が楽しめて、パワースポット巡りに固執せず、二人で気楽に出かけるのも彼や結婚相手を知り、距離を縮める方法です。

では、代表的なものを紹介していきます。

福井から来ると、まずは、大野の黒谷観音、篠座神社です。

黒谷観音周辺では4月末~5月初旬にシバザクラが綺麗なのが特徴的です。

黒谷観音は平安時代から続く古社で最初京都黒谷にあった十一面観音を天皇の勅命により国家安寧を願いこの地に移し創社しました。
驚くことに、安置されている十一面観音は、清水寺の千手観音、橘寺の如意輪観音と同じ霊木から彫られています。
この十一面観音は33年に1回のみご開帳される秘仏で、令和3年にご開帳が行われます。

本尊の他に、子授け・良縁の仏様として「河濯大権現」、病気平癒の「なで仏様」、心の驕り、悪欲を断ち切る「不動明王」が祀られています。

なで仏様

また、「新四国」と呼ばれる、ミニ四国88ケ所霊場巡りができます。案内板には30分程度と記されていますが、1時間程度は時間をかかてまわるのがよいでしょう。回ってみると薬師如来が多いことに驚きます。

四国八十八箇所霊場(最後)



次に、篠座神社です。

ここは春先の桜の時期が一番綺麗です。

以降、新緑、紅葉、雪景色と様々な雰囲気を醸し出す神社ですが、実は霊峰白山を開山した僧「泰澄大師」が開いた神社です。

ご神体は、黒谷観音近くの飯降山で本殿の遠く後方にあります。(大神神社(三輪山、奈良)と同じ形式です。)

いくつかの逸話が残っています。有名なのは、以前テレビで放送されていた「日本昔ばなし」で放送された3人の尼さんの修行の話です。ご興味のあるかたはどうぞ。

本殿の他に、眼病が治ったとされる御霊泉、弁財天社などがあります。

拝殿

ご霊泉

ご祭神は、大己貴大神(おおなむちのおおかみ)(大国主命の別名)、他に少彦名命(すくなひこなのみこと)、市杵嶋姫命(いちきしまひめのみこと)、豊受姫命(とようけひめのみこと)、譽田別尊(ほんだわけのみこと)、木花咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと)が祀られ、御利益は縁結び、芸能開花、商売繁盛、家内安全等で、地元では「しのくらさん」の名称で親しまれています。
春先のお祭りは、地元民の楽しみでもあります。

この近くに古民家ゲストハウス「ナマケモノ」があります。宿泊も可能です。行くと何らかの楽しみ、癒やしが感じられるので一度立ち寄ってみてください。

篠座神社から少し離れたところに、「良縁の樹」で有名な春日神社があります。福井県民により選ばれた「しあわせの聖地」認定スポットにもなっています。黒谷観音も「しあわせの聖地」に選ばれています。

「良縁の樹」は樹齢百年以上の杉とケヤキが根っこで結ばれています。

ここで二人で仲むつまじくなるよう、絵馬を奉納すれば、親密度が上がるのは間違いなし。

また、絵馬を奉納しましょうと誘った時の相手の様子から彼の現在の心境も推察できると思います。

絵馬の奉納の仕方には2通りあります。

実は、勝山に結神社(平泉寺白山神社内)があり、春日神社と両方で提携して縁結びを後押ししています。

結神社(平泉寺内)




1つは、それぞれ1枚の絵馬で願いを書いて奉納する形。

もう1つは、大野絵馬、勝山絵馬があり、2枚で一組の絵馬になるというもの。この絵馬に願いを書いてどちらかの神社に奉納する形。(期限を区切ってやっていたので、現状継続しているかどうかは確認をしていません。)

各神社とも、絵馬は結構かかっているので人気があるんだなと感じています。

いくつか訪れていると、時間の経過とともに何かちょっと口に入れたいなと感じるようになると思います。

そこでオススメなのが、「ショコラdeようかん」です。大野市内の菓子店、ケーキ屋、パン屋等数店が連携しオリジナルの羊羹スイーツを作っています。

私の一押しは、ようかんの入ったロールケーキ(下の写真)です。季節によって製品も変わりますが、ちょっと一口つまむのに最適です。羊羹の新しい発見があります。


 ロールケーキ(松田陽明堂)


 水まんじゅう(ひろせ、松田陽明堂)

カフェへ寄りたい方は、うおまさカフェ(女主人が気さく)、モモンガコーヒー(豆へのこだわり)に寄ってみてください。

次に大野から勝山に向かっていくと、トンネルの左側少し離れたところに磐座神社がひっそりと鎮座しています。隣に寺があるので分かり易いと思います。

鳥居をくぐって階段を上っていくと拝殿があります。拝殿横の石が「大岩」と呼ばれ、ひときわ存在感があり、剛のエネルギーを感じます。

拝殿

大岩

拝殿の奥に本殿がありますが、ご眷属の石体が見られました。

神社全体を通して落ち着いた雰囲気はしますが、何か違ったエネルギーが降りているのは確かです。

この神社は延喜式内社で920年頃には鎮座しており地元からの信仰が厚い神社です。


トンネルを抜けて九頭竜川を渡ると、右手に平泉寺白山神社が見えてきます。勝山城博物館近くの交差点を右折すると後は一本道で分かり易いところです。

神社付近までは車で行けますが、旧参道を歩いて行くのをオススメします。(旧参道入り口にも駐車場はあります。)

平泉寺白山神社は、霊峰白山を開いた僧「泰澄大師」が開いたところです。現在では、越前馬場(平泉寺白山神社)、加賀馬場(白山比咩神社)、美濃馬場(長滝白山神社)ほか白峰(石川)ら何箇所からか白山に登ることが出来ます。

平泉寺は苔が綺麗な神社として有名ですが、参拝客が多くなったせいか、それとも気候変動のせいかわかりませんが、10年程前に比べたら、たいそう苔が衰えてきたような感じを受けます。

しかしながら、心穏やかに五感を澄ましていると、やわらかい生命のエネルギーが体を包んでいるのが分かります。

どうも、日によって感じられるエネルギーの強さに差があるように思うのですが、これは私のアンテナが不安定なせいかもしれません。

訪れるのは、早朝がオススメです。特にこの神社は人の少ないときにその良さが体感できる神社だと思います。

神社の入り口付近には縁結び、絵馬奉納で有名な結神社があります。

神社には天から同時に降ってきたとされる二つの大きな石が祭られており、縁結び神様として親しまれています。

平泉寺白山神社は参道もきれいで心に残ります。

平泉寺白山神社のご祭神は伊弉諾尊です。また、本殿右の別山社に天忍穂耳尊、左の越南知社(おおなむちしゃ)に大己貴尊(大国主命)を祀っています。

拝殿

本殿

健康長寿、開運招福、気力充実、縁結び、安産などが御利益として知られています。

神社内での各自の感想を話すのも相手を知る良いチャンスだと思います。思い切って自分から訪れた場所の印象を伝えてみましょう。それに対する相手のアクションから自分との距離感を図るのです。

ここには、松尾芭蕉も立ち寄り詩を読んでいます。

ここまでくると、ちょっと一休みしたくなります。

境内近くのお店で一服するもよし、一度勝山市内に入るならオススメは車で15分程のところにある金花堂はや川の「羽二重くるみ」です。

福井駅でも販売しているので、勝山まで来れない方はそちらでどうぞ。

紹介したい場所は尽きませんが、特急1日コースで回ることはできると思います。

大野、勝山それぞれ他にも良いところはたくさんあるので、それぞれに日帰り、または1泊2日で訪れることをオススメします。

行った場所での相手との会話、行くまでの何気ない会話の中に二人の今後の方向性が見いだせると確信します。

また、縁結びのパワースポットを紹介しているので、そこで具体的に期限を区切って神様に願いを伝えて答えを待つのも良いかも知れませんね。

このときは、1.何も感じなかったら、もう一度お願いしますとお願いしに行く、2.何か変化があったら「ありがとうございました」とお礼参りに行ってください。

礼儀を尽くしてくれる方を神様は喜んでくれますから。

どうか一度、デートコースに組み込んで、相手の気持ちを確かめる、あるいは関係を深めるきっかけとしてください。

行動しないと次へはすすめませんから。



少し時間はかかっても確実に稼ぎたいなら資産構築型アフィリエイトProgram【ASSET】