友人との約束が急遽キャンセルになり、季節柄紅葉でも見に行こうかと越前大野で車を走らせていた。
ご当地スイーツ「ショコラdeようかん」の一品を食し、車で走っていると、ふと「黒谷観音」の看板が目に入ってきた。

看板を通り過ぎて暫くして、急に「黒谷観音」に立ち寄りたい気持ちが湧き上がってきたので、ハンドルをそちらに切って、黒谷観音に向かった。この近辺は春先はシバザクラが綺麗なところである。

一方、黒谷観音は飯降山の麓にあり、以前テレビで放送されていた日本昔話にでてくるような人間の欲に関わる「飯降山の伝承」も残っている場所でもある。

黒谷観音は平安時代の初め、時の平城天皇の勅願により京都黒谷の仏性坊に安置されていた十一面観音をこの地に移し伽藍を建てて国家安寧を願ったと言われています。
驚くべきは、清水寺の千手観音、橘寺の如意輪観音、京都黒谷仏性坊の十一面観音は同じ霊木から彫られたものであるということです。

黒谷観音

駐車場のない側の参道は山門に通じており、言葉では表現しがたい穏やかな感じのする場所です。
本尊の十一面観音は33年に一度だけ開帳されるという秘仏です。
令和3年にご開帳が行われます。

また、子授け・良縁の仏様として「河濯大権現」、自身の病気の部分と同じ箇所を撫でると病気が良くなるという「なで仏様(お賓頭盧尊者)」、心の驕りや我欲を断ち切ってくれるという「不動明王」が祀られています。

なで仏様(お賓頭盧尊者)



不動明王

更に、寺の裏の山には、200年前から続く四国88ケ所の巡礼所が設置されています。
弘法大師が弘仁6(815)年、42才の時に四国で開創された四国88ケ所巡り。
時代の経過と共に、四国まで出向くことなく、御参りすることができるよう、全国に「新四国」が建立されました。
この黒谷観音にも慶応元年に四国88ケ所巡りが建立されました。以来、多くの方々が訪れるようになったとお寺の方がおっしゃっていました。30分程度で回れると書いてあったので私もチャレンジしてみることにしました。
気をつけることは、途中、いろいろな想いが湧いてくるかもしれませんが、“六根清浄”と唱えながら回ると良いそうです。

四国88ケ所の巡礼入口



30分程度と案内には書いてはありますが、まあ、1時間程度はかかるだろうと思いながら88ケ所巡りを始めました。
1番札所からなら、駐車場横から、88番札所からならお寺の横から始めます。

(第1番札所 釈迦如来)


私は、真言を少しかじっているので、例えば、薬師如来であれば、「おん ころころ せんだり まとうぎ そわか」を11回づつ唱えて次へと移動し、移動途中は“六根清浄”と唱えながら回って行きました。途中、自分にゆかりの深い仏様がいらっしゃったのでちょっとした喜びを感じてしまいました。
戦争のない世界の平和と人間が自分の中にある仏性、神心に気付き人間らしくなること、黒谷観音が将来にわたって続くように願いながら回りました。
20ケ所くらい回ったところで、えらく薬師如来が多いなと感じました。終わってから確認したら23ケ所薬師如来でした。(88ケ所の仏様は最後に書いておきます。寺名は省略しました。)
最後88番札所に着いた時には、2時間半ほど経過していました。
でも、仏像1体1対に様々な表情や雰囲気があり、結構楽しい時間でしたよ。

(第88番札所 薬師如来)



簡単に回れば30分程度で回れるかもしれませんが、自分の感覚ではそれは許されなかったからそれなりの時間がかかったのだと思います。
確かに途中いろんな想いが湧いてきました。
一番、心に残っているのは、薬師如来の十二の誓願を思い出したことです。
時代が違うので薬師如来の願いが今世に当てはまらないところがいくつかありますが、現世ほとんどの人間が本来持っている「仏性」に気付いていない。これは、親の責任も大きいと感じています。

「仏性」といったことを家庭で社会で本人に問いかけて気付かせていこうとしないから、変な犯罪や、SNS等のメディアを悪用したり、匿名性を笠に着て相手を根拠も無く誹謗中傷する、そしてそれを楽しんでいる、また、今の社会はそれを傍観していると改めて気付かされました。

誰かが悪いんじゃないんです。人間から欲は無くならないから、それをどこで線引きするのか、神仏は人間に問いかけ、試しているのではとも感じました。
私自身解決策は持ち合わせていません。しかし、変な報道等があると、それをどう思うか妻や子どもに問いかけます。時には雰囲気が最悪になることも過去にはありました。
でも、自分の子どもが結婚して孫が生まれたら、孫に分別を教えていく役目を親は担っているということを自分の子どもにわかって欲しいから続けているだけです。

巡礼途中に思い出した、薬師如来の十二の誓願を以下に記しますが、少しでも共感できるところがあれば実践してください。
仏様、神様はそんな気持ちで人間を良き方向に導こうとしているのですから。

薬師如来本願経に「当方十恒河沙(がんがしゃ)等の仏土の外に世界あり、浄瑠璃と名ずけ、その国土に仏あり薬師瑠璃光如来と号す。彼の如来はもと菩薩行を行ぜしとき十二の大願を発す」とある。十二の大願を発して成仏し、浄瑠璃世界に住しており、その国土は荘厳で極楽国の如く、その国中に日光・月光の二菩薩がいると説いている。一切の衆生の病患を救い、無明の宿痾(しゅくあ)を治すべき法薬を授くと言われている。殊に第七の衆患悉除(しゅうかんしつじょ)の願いは人間にかかる一切の病根を治癒されて、病気と共に煩悩を断滅するという。

第一  光明照耀(こうみょうしょうよう)
 来世に菩提を得んとき、自身の光明で世界を照らし、あまねく衆生を悟りに導く。
第二  身如瑠璃(しんにょるり)
 瑠璃の光を通じて昏暗の中にも仏性を目覚めさせる。
第三  受用無尽(じゅようむじん)
 仏性を持つ者たちが悟りを得るために智慧方便を施す。
第四  大乗安立(だいじょうあんりゅう)
 世の異道を正し、衆生を仏道へと導く。
第五  三聚具足(さんじゅうぐそく)
 戒律を破ってしまった者にも戒律を守れるよう援ける。
第六  諸根具足(しょこんぐそく)
 生まれつきの障碍・病気・身体的苦痛を癒やす。
第七  衆患悉除(しゅうかんしつじょ)
 病気、困窮、苦悩を除き払えるよう援ける。
第八  転女成男(てんじょじょうなん)
 成仏するために男性への転生を望む女性を援ける。
第九  安立正見(あんりゅうしょうけん)
 一切の精神的苦痛や煩悩から解き放たれるよう援ける。
第十  繋縛解脱(けいばくげだつ)
 重圧に苦しむ衆生が解き放たれるよう援ける。
第十一 飢饉安楽(ききんあんらく)
 著しい餓えと渇きにさらされた衆生の苦しみを取り除く。
第十二 衣服厳具(いふくごんぐ)
 困窮して衣服がない者には衆生に必要な衣類を施す。

後で、図書館や本屋で観光雑誌やお寺の紹介されている本を調べてみると、黒谷観音は結構載っており、年代が新しくなるとパワースポットの一つとして紹介もされていました。
パワースポットは御利益だけで無く、人間の内面性をも気付かせてくれる、これからどう心を持つべきかの方向性を示してくれる素晴らしい場所なんだなと認識を新たにしました。

今回は、約束をキャンセルしてくれた友人に感謝です。

パワースポットも、訪れるときの心の状態によって、感応することが違うのだと思います。

結婚相手が欲しいと願っても、例えば仕事で一旦人を介してワンクッション置いてから候補者を目の前に並べられる場合もあれば、一目惚れのように突然の出会いの時もある。

願いが叶うには適切な時期があります。もし、その時期で無ければ、自分磨きをしなさいと仕向けられることもあります。パワースポットの神様も良く調べると様々な側面を持っていて、努力している人には例え遠回りしても良い事が起きるように仕向けてくれています。(神様・仏様が幾つもの名前を持っているのは働きが違うからなのです。)
なので、あまり、御利益、御利益といわず、お願いする神様・仏様のエピソードを調べたり、自分磨きをしながらパワースポットの成り立ちを理解して身近に感じるようにする。
そしてパワースポットに願いを言って甘えてみるのも良い方法だと私は感じています。

一度、黒谷観音を訪れて、四国88ケ所巡りをしてみてください。きっと、新しい気づきがあると思いますよ。

最後に参考までに、88ケ所の仏様を記します。

1番 釈迦如来
2番 阿弥陀如来
3番 釈迦如来
4番 大日如来
5番 延命地蔵菩薩
6番 薬師如来
7番 阿弥陀如来
8番 千手観世音菩薩
9番 涅槃釈迦如来
10番 千手観世音菩薩
11番 薬師如来
12番 虚空蔵菩薩
13番 十一面観世音菩薩
14番 弥勒菩薩
15番 薬師如来
16番 千手観世音菩薩
17番 七仏薬師如来
18番 薬師如来
19番 延命地蔵菩薩
20番 地蔵菩薩
21番 虚空蔵菩薩
22番 薬師如来
23番 薬師如来
24番 虚空蔵菩薩
25番 延命地蔵菩薩
26番 薬師如来
27番 十一面観世音菩薩
28番 大日如来
29番 千手観世音菩薩
30番 阿弥陀如来
31番 文珠菩薩
32番 十一面観世音菩薩
33番 薬師如来
34番 薬師如来
35番 薬師如来
36番 波切不動明王
37番 不動明王・聖観世音菩薩・阿弥陀如来・薬師如来・地蔵菩薩
38番 三面千手観世音菩薩
39番 薬師如来
40番 薬師如来
41番 十一面観世音菩薩
42番 大日如来
43番 千手観世音菩薩
44番 十一面観世音菩薩
45番 不動明王
46番 薬師如来
47番 阿弥陀如来
48番 十一面観世音菩薩
49番 釈迦如来
50番 薬師如来
51番 薬師如来
52番 十一面観世音菩薩
53番 阿弥陀如来
54番 不動明王
55番 大通智勝如来
56番 地蔵菩薩
57番 阿弥陀如来
58番 千手観世音菩薩
59番 薬師如来
60番 大日如来
61番 大日如来
62番 十一面観世音菩薩
63番 毘沙聞天
64番 阿弥陀如来
65番 十一面観世音菩薩
66番 千手観世音菩薩
67番 薬師如来
68番 阿弥陀如来
69番 聖観世音菩薩
70番 馬頭観世音菩薩
71番 千手観世音菩薩
72番 大日如来
73番 釈迦如来
74番 薬師如来
75番 薬師如来
76番 薬師如来
77番 薬師如来
78番 阿弥陀如来
79番 十一面観世音菩薩
80番 十一面千手観音菩薩
81番 千手観世音菩薩
82番 千手観世音菩薩
83番 聖観世音菩薩
84番 十一面千手観音菩薩
85番 聖観世音菩薩
86番 十一面観世音菩薩
87番 聖観世音菩薩
88番 薬師如来


女性らしい魅力をさりげなくアピールしたいあなたにぴったりのブランド