一目惚れなんてダサいよね、私なんて絶対一目惚れなんてしない って話している人を見かけたことがあります。

一目惚れの何処がいけないんでしょうかね?

衝撃的な出会い! 感動的だと思いません。

1回会っただけで、なんて素敵な人と会えたんだろう、明日もまた会えないかなっ 明日も会えると嬉しいのにな、って私なら期待しちゃいますけどね。

という私も、結婚相手との出会いは、一目惚れみたいなものだったんですけどね。

始めて会った時は、朝「おはようございます」と声を交わしただけ。なんて感じの良い子なんだろう。
明日も会えないかなってその時思いました。
2、3日後にまた同じような状況、同じ思い、その数日後に同じように「おはようございます」って言葉を交わしたときには、彼女は私の妻になる人だと確信しました。(相手の事など考えず勝手な男ですよね。)

交際するようになり結構親しくなってからこの話をしたら、実は彼女も私とほとんど同じような感触を持っていたことがわかってビックリしました。
その時は二人でその話で結構盛り上がりました。

なので、一目惚れをあまり狭く定義しないでもう少し自由に考えたらいいと思うんですよ。

一目惚れなんてダサいよねとかいうひとはどういう出会いを望んでいるのでしょうか?
その人達には、恋愛本の中から、出会い方を探してもらいましょう。

知り合いの女性達に意見を聞くと、一目惚れが云々と言っている人たちの多くは女性誌をたくさん読んで、そこに書かれている恋愛成功例の要件を自分はほとんど持ち合わせていると思っているのかもしれないよ というお話が聞けました。

そこから推測すると、今の自分を変えようとせず、本ばかり読んでできている気になっている意識高い系自己啓発マニアと同じで、恋愛が上手くいかない理由はもっと自分の根本的なところにあることを分かっていないのでは? という疑問が湧いてきました。

勘違いされては困るので敢えて書いておきますが、女性の皆さん全員が、自分は完璧な女性だと思っているとは私も思っていませんよ、ここは勘違いしないでください。



一目惚れという言葉が古くからあるということは、

男性と女性が会った時、会話したときなどに

1つ目は、好きになるかどうかは結構早い段階で決定しているということ。

2つ目は、恋愛といえど根本はただの対人関係なので合う合わないがあるため、合わない相手とは何をしても合わないということ。
合うと感じた相手とは、お互いが愛を与え合えるような、向き合った関係をつくろうと考え、行動を起こそうとするということ。

なのだと思います。

自分の気持ちに正直に、しっかりと自分と向き合う覚悟を決め、その瞬間から何か実践しようと心を決めることができた女性の未来はきっと明るいものになるでしょう。

恋愛が成功するかどうかは、行動の結果ですから、あまり先のことを気にせずに行動しましょう。

以前、友達が先に彼って良い感じだよねって言っているので、同じ人に先に声をかけずらいと言う人がいると聞いた事があります。

はっきりしています。友達に譲れると思えるぐらいしか相手に興味がないならやめなさい。友達と自分の結婚相手どっちの方が大事なのって話です。
彼女との関係なんてなるようにしかなりません。

そんなあなたにお聞きします。今、いいなって思って1回でもデートして付き合い始めた彼氏を見て、女友達が彼って良いよね、私向きじゃないってあなたに言ったとしたらあなたはどうするかということなのです。

彼氏、彼女、女友達みんな特別な関係じゃ無いんです。それぞれが1対1の人間関係なのです。だからこそ、言いにくいことでも時には勇気を持って相手の立場を考えながら話しをしなくちゃいけないんです。

人間は深層心理の何処かでそれを意識しながら処理しているんです。自分が身を引いた方が良いとか。絶対譲らないとか。。。

いいなって思ったけど、一目惚れしたけどどう接したらいいの

彼の事が気になって何も手に着かない、彼に一目惚れしちゃった。
好きな男性にどうやって接していけば振り向いてもらえるのか? 
と考えている時点でアウト。

好きだという感情を見る観点を変えてみると、
恋愛感情は理屈抜きで湧き起こるものであり、どちらかというと本能に近いものであるということを理解すること。
だから、一目惚れは起こるのです。

そして、一目惚れしたときは最初は気付いていないことが多いけれども、どこかで相手に性欲を感じており、また、直感で自分に無いものを相手が持っていると感じているということです。

これをひもとくと、一目惚れの類いは
 自分にないもの と 性欲
の掛け合わせによってうまれるものであると私は感じています。

どちらか一方が欠けているときは、普通の合コンからちょっと付き合ってみようかなと思う方とのデートから始まることが多いのではと思っています。

一目惚れをしたら恋愛は上手くいくの?

なんということをおっしゃるんですか。

出会いの形式が何であれ、男と女は、無意識、意識的を問わず、自分にないものを相手に「ないものねだり」をしているんです。

具体的にいうと、表面的には、ルックス、職業、収入面など。

内面的には、心に隠している部分(言葉にしない部分)では、相手の内面への憧れ(どうしてあんなことができるんだろう、もっと強気な自分でいられたらなあ
 → もっと思っていることが相手に言えたら良いのになと思っている人はそういう男性に惹かれるみたいなところ。)

そう考えると、ないものねだりしないひとはあまり異性を好きにならない傾向があるのではと思います。

自分の事をちゃんと分かっている(理解している)と、自分にないものを自覚していて「ないものはないんだからしょうがない」とないものねだりをしないのです。

でも、そんな人でも他人に認めて貰いたいという欲望はある。(欲望を絶った人は別ですよ)

現時点で、そんなこと出来るなんてスゴイねと認めて貰っていること、これについては問題ないんです。

過去の苦い経験というか、トラウマというか、そういった類いのものを乗り越えたいと頑張っている人が大変なんです。(それは非常に尊いことで、是非ともやってほしいことですが、自分が実行できるかというと自信がないのであまり強くは言えませんが。)

それは何かというと、子どもの頃、親や周囲の人に認めてもらえなかった自分(本当は認めて欲しかった)を、大人になってからその時認めてもらえなかった人や交際相手等周囲の人に自分を認めて貰えるように再チャレンジすることです。もし、認めて貰えると過去のことが昇華されて自分の性格、性質等に影響を与えるのです。

例えは適切ではありませんが、父親に否定されて育ってきた女性が、気がつけば好きになる人がことごとく父親とそっくりな性格や体格のひとだったといったようなことです。
これも、ないものねだりが形を変えたものだと思います。

では、性欲とはなんぞや。
触れてみたい、キスしてみたい、抱かれてみたいといった欲求のことだと思います。

特殊な性格(性質)の方を除き、一般的にはみなさん持ち合わせているのではないでしょうか。



アプローチしてくれている男性は、すごくいい人だし尊敬も出来るけど、何だかときめかないという女性は、相手の男性に対して性欲を感じていないかもしれません。
性欲を感じない限りは、相手の男性を好きになることはないと考えた方がよいと思います。

もし、間違って抱かれたとしても、しばらくすると、抱かれたいと思わなくなります。

顔、声、雰囲気に惹かれるのって本能だから、ただの性欲だと割り切ることです。
すごくタイプの男性と付き合っても別れてしまい、その男性のことがなかなか忘れられない女性は、性欲で忘れられないと考えると良いでしょう。気分も軽くなるし、性欲で好きだから忘れられないことが分かりますから。

自分に無いものをもっていて、性欲を感じる異性が目の前に現れた時、この人に認められた自分は、さぞ気持ちいいだろうなあと感じるのが恋愛感情の一つです。

なんでそんな男性選ぶ? と言われる女性は、単純にその男性が彼女に無いものを持っていて、性欲を感じる対象になっているからだと思います。
そこは他人にはわかりませんから。

一目惚れをしたら上手くいくかどうかは、別に一目惚れじゃ無いときと変わるものではありません。
感情が表に出るタイミングが違うだけです。

一目惚れから始まった恋愛って長続きするの

そんなの分かりません。
でも、判断要素はありますので、参考にしてください。

一目惚れした相手と付き合っていながら、次のことでなるほどと納得できるなら、長続きするか、別れてもより人間性のレベルの高い方を選ぶ可能性が高くなると思います。

真にもてる男女は例外なく、人と周りに優しいことが当たり前(無意識で自然な自分)になっている。

優しさ、気遣いも実は技術なんです。

最初は意識して実践していたことを次は習慣にまで積み重ねていって、自分の素養として身につける。

普段から、気遣いが出来ている女性は、頭で考えるより先に体が動くので、タイミングもぴしゃりとはまりそれが、自然な気遣いとして人の目に映る。

自然な優しさや気遣いは、男性の心を動かす大きなポイントになることが多い。

普段から優しさと気遣いを当たり前にしていると無意識にでてしまい、これが相手には グッ と結構響きます。

経験から言うと、相手の女性の自然な優しさや気遣いに触れた時、心動かされることがあった事が多々ありました。

へえ、こんな気遣いができるんだ、こんな気遣いの仕方もあるんだって。
この、優しさと気遣いは母性の一面なのかなと私は考えています。

男性力(夫力)にも女性に対する優しさと心遣いがあると思いますので、それを感じたらたまには相手に感謝したり、言葉にして伝えてあげてください。喜びますよ。

女性であればこの母性力を高めるために、普段から相手の性別を問わず、また見返りを求めずに、いろんな人に対して優しさと気遣いを、普通(当たり前)になるまで修練を積み重ねていくことが、好きな男性が、ない物ねだりしているものが何かを発見する近道になると考えています。

別の側面から言うと、特定の人に好かれたいのであれば、普段の自分を見直していく(自分の内面性を含む)ことが恋愛成就の大前提になるのではということです。





少し時間はかかっても確実に稼ぎたいなら資産構築型アフィリエイトProgram【ASSET】