記事を見て問合せがあるのが、

彼氏、恋人と縁結びの御利益がある神社に行っていいのでしょうか?

というもの。

中には、観光参拝にいそしむだけでなく、きちんと御利益を考えて参拝したい方もいるのだなと、神社好きの私としてはうれしさがこみ上げてきます。


御利益には順序があります。

ただし、観光パンフと神社の由来書や神社の案内・ホームページに違いがある場合があります。

その場合は、神社が発行しているものに従ってください。

まずは、縁結び良縁祈願、これがわかりずらいのだと思います

私も、神主でもなければ、神道の学者でもないので、書籍等で得た知識でしか答えられませんが、


良縁祈願は、まだ相手がいない状態です。

なので、自分にふさわしい相手に出会えるよう神様にお願いすること。

片思いの場合もこちらに入りますが、お願いの方法が少し違います。

全く白紙の場合は、自分はこういう努力をしますから、その努力をする自分にふさわしい相手との出会いの環境を整えてくださいとお願いする。

片思いの場合なら、私は彼の○○の部分に惹かれています。自分はこういう努力をして、彼と△△といった関係を築きたいと考えていますが、彼との間に良き縁が結ばれるようよろしくお願いします。しかしながら、私と彼との間に良き縁がないのであれば、私にも分かるような形で教えていただきますようお願いします。

といったような感じで神様にお伺いしてみてはいかがでしょうか。

この場合は、良縁祈願の御利益のある神社・仏閣へ行ってください。

  【日光二荒山神社】



次に

縁結びは、縁を結びたい相手がいる状態です。

両者の縁を結ぶ、一方で結びつきを固くするという意味もあります。

彼氏、恋人がいて、その相手と結婚したいなら、私は、彼と結婚するならこれこれといった努力をします。彼には○○といった努力をして欲しいです。

今の状態でも構いません。どちらかが努力しようと実行しても構いません。私と彼が、縁があり良縁であるなら結婚に向かって環境を整えていただきますようお願いします。

もし、結婚という縁に至らないのであれば、2人に分かるような形で教えていただきますようお願いします。

といったような感じでお伺いしてみてはいかがでしょうか。

  【今宮神社】



まれに、良縁祈願、縁結び両方の御利益のある神社もありますので、そのときは一度にお願いしてみるのも良いかも知れません。



順序としては、

相手がいないときは良縁祈願に行く
  自分に合う人と出会えるように祈願する

    ↓

相手が見つかった、気になる人が見つかったら縁結びの祈願に行く
  自分に合う人であれば縁を深く結んでもらえるよう祈願する

    ↓

相手と結婚を意識するようになった
  結婚して幸せに暮らせるような相手なら、深い縁を結んでもらえるよう祈願する。

といった感じだと思います。

皆さんが暮らしている周りに、縁結び、良縁祈願を叶えてくれる神社は必ずあります。

それを探すのも楽しみですよ。

そういう努力をして巡り会った神様は、きっとあなたを幸せの方向に導いてくれます。

彼氏、恋人と縁結びの御利益のある神社へ行って、絆を深めてください。

そして、絆が深まったら、神様に感謝を忘れずに。

神様は人を幸せにしようと待ち構えていますから、幸せになりました、ありがとうございましたと感謝されるとパワーアップするのです。



手軽にお弁当