神社の呼び名が違うのは社格制度があるためです。古くは、延喜式に始まり明治維新時の制度見直しにより、ほぼ現在の呼び方になりました。「神宮」、「宮」、「大神宮」、「大社」、「神社」、「社」が社格を表します。社格によって御利益の大小は考える必要はありません。