神社(パワースポット)でお願いを聞いて貰うにはどうしたら良いのか悩みますよね。

私は、神様は遠い存在で無く、近い存在だと思って神社参拝しています。

参拝に際して気を付けることは次のようなことです。
神社には正式参拝というのがありますが、これについては別の時にということで。
(※最近は昇殿参拝と正式参拝が一緒に考えられている場合が多いです。)

参拝に際し気を付けること その1

頼み事をするわけですから礼節を持って参拝しましょう。

1.鳥居をくぐって参道をすすむ

鳥居をくぐる前に、軽く一礼します。これを「一揖(いちゆう)」と言います。
「本日は、この神社に参拝させていただき誠にありがとうございます」と挨拶をする。
参道を進むときは参道の中央は通らないでおきましょう。
参道の中央は「正中」といい神様が通る道とされています。

2.手水舎

一、右手で柄杓を取って、水を汲み、それをかけて左手を清めます。
二、次に、左手に柄杓を持ちかえて、右手を清めます。
三、再び柄杓を右手に持ちかえて、左の手のひらに水を受け、その水を口にいれてすすぎます。
四、すすぎ終わったら、水をもう一度左手にかけて清めます。
五、使った柄杓を立てて、柄の部分に水を伝わらせるようにして清め、柄杓を元の位置に戻します。

3.参拝

まず、背筋を伸ばして直立します。

次に、鈴があれば力強く鳴らしましょう。
神様に自分が来たことをこれで知らせるわけです。
次に、お賽銭を賽銭箱に静かに入れましょう。

そして、「二礼二拍手一拝(二拝二拍手一拝)」をゆっくりと行います。

二礼
 神前に向かって、二回深くおじぎをします。背中を平らにして、腰を深く折ります。

二拍手
 肩幅ほどに両手を開いて、柏手を2回打ちます。再び、両手をあわせ、揃えて祈念をこめてから手を下ろします。

一拝
 再び深くおじぎをします。

(神社により作法が違う場合がありますので、神社の作法に従ってください。)

4.神社には摂社、末社、池などいろいろな場所があります。
近づきたくないなと感じる場所には近寄らないでおきましょう。

5.帰りに鳥居から出た際に、
「本日はこの神社にお参りさせていただきありがとうございました」と感謝しましょう。

これが一般的に気を付けることです。
神社は神様のお住まいですから、自分が大切に思う人の家を尋ねたときはどうするかを考えれば非礼になることはある程度想像がつくのではないでしょうか。

参拝に際し気を付けること その2

願いが叶うためにもう少し努力したら、御利益にあやかれるとしたらどうします。
一度試して見てください。

でも、必ず成就するとも限りませんし、物事には機(時期、タイミング)というものがありますから、我欲を減らし、参拝後の周りの変化にアンテナを高くしてみると何かに気づくと思いますよ。
自分がそうでしたから。

1.神社への参拝は午前中に訪れることを基本としてください。

2.鳥居をくぐって参道をすすむ


鳥居をくぐる際には、軽く一礼します。

私は福井県福井市から参りました○○と申します。
□□の大神様、本日は、こちらの□□神社に参拝をお許しいただき誠にありがとうございます。
挨拶をする
(小声で良いので、できれば口に出して言う。)

3.手水舎で手と口をすすぐ

4.十言神咒(とことのかじり)
「 アマテラスオオミカミ 」
11回唱える(声に出しても、心の中でも良い)

※私の場合は、心が落ち着くまで11回以上声を出して唱えます。

5.参拝

背筋を伸ばして直立します。

鈴があれば力強く鳴らしましょう。
お賽銭を賽銭箱に静かに入れましょう。

そして、「二礼二拍手一拝」を行います。




ここでお祈りをします。

他の参拝客の邪魔にならないよう、少し横に移動して具体的にお願いを申し上げます。真心込めて自分の言葉(自分の願いを神様に届ける気持ちで、自分の表現)で申し上げること。

例えば、彼氏が欲しい場合であれば、
□□の大神様、毎日周辺の人々や△△一之宮の神様として水上交通、交通安全や△△に住まえる人たちの生活をお守りいただき、また、参拝に来られる人たちにご神徳を分け与え、幸せに導きいただき誠にありがとうございます。

本日このような良き日に私○○の参拝をお許しいただき誠にありがとうございます。

私は今、彼氏と呼べる人がおりません。彼氏のいる友人の様を見ているとうらやましく感じることもあります。

人には赤い糸が何本かあるとも聞いたことがあります。今、まだ結婚は考えておりませんが、私自身が成長できる良き相手がいましたら、6月以内に私に分かるような形で教えていただきますようお願いいたします。

私はその間、誠意を持って人に接し、相手が気持ちいいと感じるような挨拶を心がけます。(何らかの努力をすることの誓いをたてます。)

又、今がその時で無いのであれば時期で無いことが分かるように、例えば信頼の置ける方の口を通してお教えいただきますようよろしくお願いします。

素晴らしき□□の大神様のおられるこの神社が、参拝客が益々多くなり、周りの方々の信仰が厚くなり、末永く益々弥栄えますようお祈り申し上げます。

かんながらたまちはえませ
かんながらたまちはえませ

※「かんながらたまちはえませ」は神様、後は全て神様にお任せしますという意味です。

軽くおじぎをします。

(神社により参拝作法が違う場合がありますので、神社の作法に従ってください。)

6.神社には摂社、末社、池などいろいろな場所があります。
近づきたくないなと感じる場所には近寄らないで帰りましょう。

7.神社内の清々しく感じる場所、ここに居たいな、自分の願いと合致する摂社があれば参拝などして、30分以上は留まり、神社のパワーをたっぷりといただきましょう。

8.帰りに鳥居をくぐり、本殿側にふり返り、
「□□の大神様、本日は□□神社にお参りさせていただき誠にありがとうございました」
感謝しましょう。
(小声で良いので、できれば口に出して言う。)

【一口アドバイス】

具体的な願いを成就させたいときは、具体的に期限を切って祈りましょう。

参拝した日によっては、参拝者が多く拝殿前でお願いごとができないことがある場合もあると思います。

そういうとき私は、拝殿の近くで手は合わせませんが、神様にあらかじめおことわりを行い、拝殿近くで本日来た趣旨をあらかじめ神様に言上し、人が引けた時を見計らって、早々に二礼二拍手一拝をさせて頂いております。

あまり神様に失礼になるためおすすめはできませんが、
観光スポットへ行って、お賽銭をしてお祈りしたとき
参拝に気を付けることその1
参拝に気を付けることその2
の3通りの方法を試してみてください。
きっと自分にあう方法が見つかるはずです。

他にもっと丁寧な方法がありますが、結婚を考えるようになったらまた私のサイトを訪れてみてください。