数年前、友人から相談を受けたことがありました。

友人は、自分の娘は、男友達はたくさんいるのだけれど、本命っているのかな? と感じてしまう、何か異性関係で悪因縁でもあるのだろうか? 
と。

そこまで深刻に考えることも無いのにと思いながらも話しを聞いていたのですが、本人があまりにも神経質に気にするので

縁切りをしてみたら

と勧めてみました。
普段から、娘をたいそう可愛がっていたので、もし何かの助けになればと思って勧めたのです。

結局の所、今、何か悪い因縁があるから、ある地点から前へ進めないんだと考えているわけですから、

気持ちをゼロのスタート地点に戻してあげて、まっさらな状態から将来を考えるように心の環境を整えてあげるわけです。

幸い、友人は京都在住だったので
 
 安井金比羅宮

を紹介しました。
こちらで祈願して悪縁を切れば良縁に恵まれると伝えられており、全国から多くの人が祈願に訪れます。





この話を、東京に居る女性の友人にしたとろ、東京には、

 縁切り榎木

とう超有名なご神木があると教えていただきました。

縁切りではたいそうご利益があるとされており、嫁入り前の女性がこの木の横を通るだけで縁が切れてしまうという恐ろしい言い伝えがある程だそうです。

江戸時代から有名なご神木で、落語にも出てくるくらいです。

写真を送って貰えないかお願いしたところ、丁重に断られました。

代わりに参拝方法を聞いてきて教えてくれました。

ここでの参拝方法は「絵馬に」あなたの気持ちや希望を書くことが正しい参拝方法とされています。

間違っても「○○さんと縁が切れますように…。」と神様に縁切りをお願いするのではなく、書き方としては、「自分自身を磨き、お互いを高め合えるような素敵な人と巡り合えますように…。」といった感じで絵馬に書き入れるのがよいとのことです。

東京に来た時は案内してあげるからと友人から誘われているので楽しみにしています。

ここの絵馬は独特で、縁切り榎の絵が描かれています。
また絵馬には「善縁をむすび 悪縁をたつ」と書かれており実物を見るのが楽しみです。

この他にも、土器(皿)を割って、厄や悪縁を切るところがあります。

私もやってみましたが、土器が綺麗に割れるとスカッとするものです。心の平安を感じたい人にはオススメです。

 大杉神社(茨城)
 毛谷黒龍神社(福井)

などがあります。



先日、京都の別の友人宅を訪問した際、因縁切りの話しをしたところ、

そんなもん、京都にあるやんか! 

と一言。後で連れてってやるよといわれ案内されたところがここ

鉄輪の井戸(かなわのいど)

命婦稲荷社内(京都市下京区)にある京都では有名な縁切り井戸だそうです。
ここの井戸の水を汲み、縁切りしたい人に飲ませればたちまち縁が切れる御利益があるとか。

安倍晴明にかかわる逸話もあるとか。
私は、近くまで行きましたが、心が拒否したのであまり近くには寄りませんでした。
前の恋人との縁を切りたい、何かの因縁を切りたいと思う人は、チャレンジしてください。

汲んだ水を相手に飲ませるということは、自分の意思と行動が必要ですから。
実行できれば、自分の心中と周りの見え方、視野が変わってくると思いますよ。