皆さん神社では神様にどのようにお願いしていますか。

例えば、「今年は彼氏が出来ますように」という願いについて考えてみます。

一度自分で考えてみてください。

私は以前ある神社でお願い事をしていたときに、
ふっと、頭の中に『もっとわかりやすく言ってくれないと・・』
という思いがよぎったこっとがありました。

そこで一度、お祈りをやめ、祈り方を考え直していました。
そして、抽象的に背景から説明して、だからこのようにしたい、なりたいとお願いする
流れに持っていこうとしていましたが、もっと、最初からストレートにお願いした方が
いいのかも? と思案していました。

すると、偶然、別の参拝客の方の声が聞こえてきて、この前、○○さん絵馬を奉納して
お祈りしたら、すぐにきっかけをいただいたんですって。。。という話しが聞こえて
きました。

そう、祈りを言葉にすることの大事さを忘れていた自分に気づかされました。

早速絵馬を購入して、願い事を書いて奉納しました。

 

書き方は2種類あると思います。
1種類目
・彼氏が出来ますように。
・結婚相手が見つかりますように。

2種類目
・今年中に、私の性格を明るく変えてくれるような彼氏に巡り会う。
・8月までに、私を理解して共に将来を考えてくれる相手が出来る。

1種類目では、願いがぼんやりとして、曖昧な形で神様に伝わります。
2種類目では自分の思いを言い切ることで、強い意思を持った願いとして
神様に伝わります。

私は2種類目の形で絵馬を奉納してきました。

絵馬には、名前、住所を書くのが普通ですが、人に見られるのがいやなら、
名前をイニシャルにするのもOKです。
最近は、名前と、住所の上から貼るシールを頂けるところもあります。
(個人情報流出の関係で、このようなことをせざるを得なくなったそうです。)

神様は、普段から努力してるひとの願いを叶えてくれるという話しをよく
聞きます。
頼みごと行ったら、自分に目標・目的に向かって出来ることはしっかりと
行うこと(行動)が大切です。

絵馬は神様に奉納する代わりに願い事を叶えてもらうシステムです。
言葉にすることで、願い事をはっきさせて神様にしっかりとお伝えしましょう。

絵馬は、その昔、現在の玉串(お金)の代わりに、馬を奉納したことから
始まっているとのこと。
絵馬を上手に使って、神様に願い事を伝えましょう。