龍の名前のついている神社に ”黒龍神社” があります。
毛谷黒龍神社とも呼ばれています。



福井県福井市の足羽山に鎮座し、日本古来の四大明神の一つとされています。

四大明神
→天地のはじめから国土を守護してきた四方位を象徴する御四柱の神のことをいいます
絵図記に
国土護治の神として、四國四神座しき、
東に常陸鹿島大明神
南に紀伊熊野大明神
西に安芸厳島大明神
北に越前黒龍大明神
四隅司どらしめ守護し給う。

とある。

黒龍神社のご祭神は
継体天皇
高龗神(たかおがみ)
闇龗神(くらおがみ)
で、水を司る神様です。
高龗神(たかおがみ)は天龍で、天に向かって拡散するエネルギーをもち、
闇龗神(くらおがみ)は地龍で大地に向かってエネルギーを広めていきます。
また、聖徳太子、石渡八幡宮、西恵比寿神社も祭られています。

(参道にある龍の絵)

同社内には
君が代に詠まれている 「さざれ石」 があり
画家、高橋聡により絵画として和龍(世界平和)が奉納され
厄割り石 があるなど
地方でも、パワーのある神社は確実に存在しています。

縁結び、子宝、安産、子育てなど人間の生に関する分野にも御利益があると
地元の方々からは「くろたつさん」と呼ばれて愛されている神社です。

御利益の記述を見ると多種多様にわたり、様々な方面でご活躍されていることが
うかがえます。

同神社のある足羽山は継体天皇を祭った足羽神社が同山に鎮座しています。
福井駅からそう遠くないところにあるので、福井へ行った際は立ち寄ること
をおすすめします。